File:  [Local Repository] / gnujdoc / emacs-20.6 / anti-ja.texi
Revision 1.1: download - view: text, annotated - select for diffs
Wed Apr 26 06:42:33 2000 UTC (20 years, 3 months ago) by hayashi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
New files

@c =============================================================
@c = 元 翻 訳: 田中聡@東京女子大学
@c = 加筆修正: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1998/11/25
@c = 20.4改訂: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1999/09/12
@c =============================================================
@c This is part of the Emacs manual.
@c Copyright (C) 1997, 1999 Free Software Foundation, Inc.
@c See file emacs.texi for copying conditions.

@node Antinews, MS-DOS, Command Arguments, Top
@c @appendix Emacs 19 Antinews
@appendix Emacs 19逆向きニュース

@c   For those users who live backwards in time, here is information about
@c downgrading to Emacs version 19.  We hope you will enjoy the greater
@c simplicity that results from the absence of certain Emacs 20 features.
過去に暮す方々のために、Emacsバージョン19への格下げ情報です。
Emacs 20のある種の機能の欠落による大いなる簡潔さを甘受されることを願って。

@itemize @bullet
@item
@c The multibyte character and end-of-line conversion support have been
@c eliminated entirely.  (Some users consider this a tremendous
@c improvement.)  Character codes are limited to the range 0 through 255
@c and files imported onto Unix-like systems may have a ^M at the end of
@c each line to remind you to control MS-DOG type files.
マルチバイト文字対応と行末変換機能は完全に除去してある。
(これをとてつもない進歩ととらえる人もいる。)
文字コードは0から255の範囲に限られる。
また、UNIX流のシステムに持ち込んだファイルでは、
MS-DOG型のファイルを扱っていることを警告するために、
各行の末尾に^Mがあることがある。

@item
@c Fontsets, coding systems and input methods have been eliminated as well.
同様に、フォントセット、コーディングシステム、入力方式も除去した。

@item
@c The mode line normally displays the string @samp{Emacs}, in case you
@c forget what editor you are using.
どのエディタを使っているか忘れないように、
通常、モード行には@samp{Emacs}と表示する。

@item
@c Scroll bars always appear on the right-hand side of the window.
@c This clearly separates them from the text in the window.
スクロールバーはつねにウィンドウの右側にある。
これで、ウィンドウ内のテキストとはっきり区別できる。

@item
@c The @kbd{M-x customize} feature has been replaced with a very simple
@c feature, @kbd{M-x edit-options}.  This shows you @emph{all} the user
@c options right from the start, so you don't have to hunt for the ones you
@c want.  It also provides a few commands, such as @kbd{s} and @kbd{x}, to
@c set a user option.
@kbd{M-x customize}の機能は、
とても簡潔な機能の@kbd{M-x edit-options}に置き換えた。
これで@emph{すべて}のユーザーオプションを先頭から眺めることができ、
あちこち探しまわる必要はないだろう。
また、これには@kbd{s}や@kbd{x}のようにユーザーオプションを
設定するコマンドもいくつかある。

@item
@c The @key{DELETE} key does nothing special in Emacs 19 when you use it
@c after selecting a region with the mouse.  It does exactly the same thing
@c in that situation as it does at all other times: delete one character
@c backwards.
Emacs19では、マウスでリージョンを選択したあとに
@key{DELETE}キーを使っても特別なことは何も起こらない。
マウスを操作していないときと同じように動作し、単に直前の1文字を削除する。

@item
@c @kbd{C-x C-w} no longer changes the major mode according to the new file
@c name.  If you want to change the mode, use @kbd{M-x normal-mode}.
@kbd{C-x C-w}は、新しいファイル名に合わせてメジャーモードを変更しない。
モードを変更するには、@kbd{M-x normal-mode}を使う。

@item
@c In Transient Mark mode, each window displays highlighting for the region
@c as it exists in that window.
暫定(transient-mark)マークモードでは、どのウィンドウにおいても
ウィンドウ内にリージョンがある限りそれを強調表示する。

@item
@c Outline mode doesn't use overlay properties; instead, it hides a line by
@c converting the preceding newline into code 015.  Magically, however, if
@c you save the file, the 015 character appears in the file as a newline.
アウトライン(outline)モードでは、上書き属性を使わない。
かわりに、まえにある改行文字をコード015に変更して行を隠す。
たとえこのままファイルに保存しても、
ファイル内では文字コード015は改行に戻っている。

@item
@c There is now a clever way you can activate the minibuffer recursively
@c even if @code{enable-recursive-minibuffers} is @code{nil}.  All you have
@c to do is @emph{switch windows} to a non-minibuffer window, and then use a
@c minibuffer command.  You can pile up any number of minibuffer levels
@c this way, but @kbd{M-x top-level} will get you out of all of them.
@code{enable-recursive-minibuffers}が@code{nil}であっても、
ミニバッファを再帰的に利用する賢い方法がある。
ミニバッファ以外の@emph{ウィンドウに切り替え}てから、
ミニバッファコマンドを使うだけでよい。
このようにすれば何段でもミニバッファのレベルを積み重ねられるが、
@kbd{M-x top-level}でもとに戻ってしまう。

@item
@c We have removed the limit on the length of minibuffer history lists;
@c they now contain all the minibuffer arguments you have used since the
@c beginning of the session.
ミニバッファ履歴リストの長さの制限を取り除いた。
このリストは、
セッション開始時から入力したすべてのミニバッファ引数を保持する。

@item
@c Dynamic abbrev expansion now handles case conversion in a very simple
@c and straightforward way.  If you have requested preserving case, it
@c always converts the entire expansion to the case pattern of the abbrev
@c that you have typed in.
動的略語展開では、とても簡潔にかつ素直に大文字小文字変換を扱う。
大文字小文字を保存するように指定してあると、
打ち込んだ略語の大文字小文字のパターンと同じになるように展開する。

@item
@c The @code{compose-mail} command does not exist; @kbd{C-x m} now
@c runs @code{mail} directly.
コマンド@code{compose-mail}はなくなった。
現在、@kbd{C-x m}は@code{mail}を直接実行する。

@item
@c There is no way to quote a file name with special characters in it.
@c What you see is what you get: if the name looks remote, it is remote.
特殊文字を含むファイル名をクォートする方法はない。
見た目とおりのものを得る。
つまり、リモートにあるように見える名前のものはリモートにある。

@item
@c @kbd{M-x grep-find} has been eliminated, because @code{grep} has never
@c been lost.
@code{grep}がなくなることはないので、@kbd{M-x grep-find}は除去した。

@ignore
@item
Truth in advertising: @kbd{M-x grep} by default uses @code{grep}, the
whole @code{grep}, and nothing but the @code{grep}.  If you want it to
use @code{zgrep}, you'll have to edit the search command by hand.
@end ignore

@item
@c Some Dired commands have been rearranged: two-character sequences
@c have been replaced with quick single-character commands:
diredのコマンドを若干再配置した。
つまり、2文字列のコマンドは軽快な1文字のコマンドに置き換えた。

@itemize @bullet
@item
@c For @code{dired-mark-executables}, type @kbd{*}.
@code{dired-mark-executables}は@kbd{*}
@item
@c For @code{dired-mark-directories}, type @kbd{/}.
@code{dired-mark-directories}は@kbd{/}
@item
@c For @code{dired-mark-symlinks}, type @kbd{@@}.
@code{dired-mark-symlinks}は@kbd{@@}
@item
@c For @code{dired-change-marks}, type @kbd{c}.
@code{dired-change-marks}は@kbd{c}
@item
@c For @code{dired-unmark-all-files}, type @kbd{C-M-?}.
@code{dired-unmark-all-files}は@kbd{C-M-?}
@item
@c For @code{dired-unmark-all-marks}, type @kbd{C-M-? @key{RET}}.
@code{dired-unmark-all-marks}は@kbd{C-M-? @key{RET}}
@end itemize

@c But if you want to use @code{dired-flag-garbage-files}, @kbd{&}, you'll
@c just have to stop living in the past.
ただし、@code{dired-flag-garbage-files}は@kbd{&}と打つので、
この場合には過去にひたっていられなくなる。

@item 
@c In C mode, you can now specify your preferred style for block comments.
@c If you want to use the style
Cモードでは、ブロックコメントに好きなスタイルを指定できる。
たとえば、

@example
/*       
blah     
blah     
*/       
@end example

@noindent
というスタイルを利用するには、
@c then you should set the variable @code{c-block-comments-indent-p} to
@c @code{t}.
変数@code{c-block-comments-indent-p}を@code{t}にする。

@item
@c To customize faces used by Font Lock mode, use the variable
@c @code{font-lock-face-attributes}.  See its documentation string for
@c details.
フォントロック(font-lock)モードが使用するフェイスをカスタマイズするには、
変数@code{font-lock-face-attributes}を使う。
詳しくは、この変数の説明文字列を参照。

@item
@c For efficiency, Font Lock mode now uses by default the minimum supported
@c level of decoration for the selected major mode.
効率のために、フォントロック(font-lock)モードは、
選択したメジャーモード用の飾りとしては最小限のものをデフォルトで使用する。

@item
@c If you kill a buffer, any registers holding saved positions in that
@c buffer are changed to point into limbo.
バッファを消去すると、そのバッファ内の位置を保持していたレジスタの値は、
牢獄を指すようになる。

@item
@c The function @code{set-frame-font} has been renamed to
@c @code{set-default-font}.
関数@code{set-frame-font}は@code{set-default-font}と改名した。

@item
@c The variable @code{tex-main-file} doesn't exist.  Of course, you can
@c create the variable by setting it, but that won't do anything special.
変数@code{tex-main-file}はなくなった。
もちろん、値を設定すればこの変数を作成できるが、特に何をするわけでもない。

@item
@c The @code{scroll-preserve-screen-position} variable has been eliminated;
@c and so has the feature that it controls.
変数@code{scroll-preserve-screen-position}と
この変数で制御していた機能は除去した。

@item
@c We have eliminated the functions @code{add-untranslated-filesystem} and
@c @code{remove-untranslated-filesystem}, and replaced them with a simpler
@c function, @code{using-unix-filesystems}.
関数@code{add-untranslated-filesystem}と
関数@code{remove-untranslated-filesystem}は除去し、
より簡潔な関数@code{using-unix-filesystems}で置き換えた。

@item
@c To keep up with decreasing computer memory capacity, many other
@c functions and files have been eliminated in Emacs 19.  There's no need
@c to mention them all here.  If you try to use one of them, you'll get an
@c error message to tell you that it is undefined or unbound.
コンピュータの記憶容量が減少し続けるため、
Emacs 19では他の数多くの関数やファイルも除去した。
それらをすべてここで取り上げる必要はあるまい。
それらのどれかを使うと、「undefined(未定義)」とか
「unbound(未束縛)」というエラーメッセージが出る。
@end itemize

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>