File:  [Local Repository] / gnujdoc / emacs-20.6 / entering-ja.texi
Revision 1.1: download - view: text, annotated - select for diffs
Wed Apr 26 06:42:34 2000 UTC (20 years, 3 months ago) by hayashi
Branches: MAIN
CVS tags: HEAD
New files

@c =============================================================
@c = 元 翻 訳: 高汐一紀@電気通信大学
@c = 加筆修正: 大木敦雄@大塚.筑波大学 = 1998/11/25
@c =============================================================
@c This is part of the Emacs manual.
@c Copyright (C) 1985, 1986, 1987, 1993, 1994, 1995 Free Software Foundation, Inc.
@c See file emacs.texi for copying conditions.
@node Entering Emacs, Exiting, Text Characters, Top
@c @chapter Entering and Exiting Emacs
@chapter Emacsの起動と終了
@c @cindex entering Emacs
@c @cindex starting Emacs 
@cindex Emacsの起動
@cindex Emacsの始動

@c   The usual way to invoke Emacs is with the shell command @samp{emacs}.
@c Emacs clears the screen and then displays an initial help message and
@c copyright notice.  Some operating systems discard all type-ahead when
@c Emacs starts up; they give Emacs no way to prevent this.  Therefore, it
@c is advisable to wait until Emacs clears the screen before typing your
@c first editing command.
Emacsを起動する普通の方法は、シェルコマンドの@samp{emacs}です。
Emacsは、画面をクリアし、初期ヘルプメッセージとコピーライトを表示します。
オペレーティングシステムによっては、Emacsが起動するまでに
先打ちした入力をすべて破棄してしまうことがあります。
Emacs側ではこれを防ぐことはできません。
したがって、編集コマンドを打ち始めるまえに、
Emacsが画面をクリアするまで待つように推奨します。

@c   If you run Emacs from a shell window under the X Window System, run it
@c in the background with @samp{emacs&}.  This way, Emacs does not tie up
@c the shell window, so you can use that to run other shell commands while
@c Emacs operates its own X windows.  You can begin typing Emacs commands
@c as soon as you direct your keyboard input to the Emacs frame.
Xウィンドウシステム上のシェルウィンドウからEmacsを起動するのであれば、
@samp{emacs&}のようにバックグラウンドで実行するようにしましょう。
こうすれば、Emacsがシェルウィンドウを拘束することがないので、
Emacsが専用のXのウィンドウで動作中でも、
別のシェルコマンドを実行できます。
キーボード入力をEmacsのフレームに向ければ、
ただちにEmacsコマンドを打ち始められます。

@vindex initial-major-mode
@c   When Emacs starts up, it makes a buffer named @samp{*scratch*}.
@c That's the buffer you start out in.  The @samp{*scratch*} buffer uses Lisp
@c Interaction mode; you can use it to type Lisp expressions and evaluate
@c them, or you can ignore that capability and simply doodle.  (You can
@c specify a different major mode for this buffer by setting the variable
@c @code{initial-major-mode} in your init file.  @xref{Init File}.)
Emacsが動き始めると、@samp{*scratch*}という名前のバッファを作ります。
ユーザーはこのバッファから始めます。
バッファ@samp{*scratch*}は、Lisp対話(lisp-interaction)モードですから、
Lisp式を打ち込んでそれを評価できますし、あるいは、
この機能を無視して単なる落書用として使ってもかまいません。
(個人の初期化ファイル中で変数@code{initial-major-mode}を設定すれば、
このバッファに別のメジャーモードを指定できる。
@pxref{Init File}。)

@c   It is possible to specify files to be visited, Lisp files to be
@c loaded, and functions to be called, by giving Emacs arguments in the
@c shell command line.  @xref{Command Arguments}.  But we don't recommend
@c doing this.  The feature exists mainly for compatibility with other
@c editors.
シェルのコマンド行でEmacsに引数を与えて、
訪問するファイル、ロードするLispファイル、呼び出す関数を指定できます。
@xref{Command Arguments}。
ただし、これはお勧めしません。
この機能は、主に、他のエディタとの互換性のためにあるのです。

@c   Many other editors are designed to be started afresh each time you
@c want to edit.  You edit one file and then exit the editor.  The next
@c time you want to edit either another file or the same one, you must run
@c the editor again.  With these editors, it makes sense to use a
@c command-line argument to say which file to edit.
他のエディタの多くは、編集を行うたびに新たに起動するように設計されています。
1つのファイルを編集し終えると、エディタを終了します。
つぎに別のファイルや同じファイルを編集したければ、
再度、エディタを起動する必要があります。
これらのエディタでは、
コマンド行の引数で編集するファイルを指定する意味があります。

@c   But starting a new Emacs each time you want to edit a different file
@c does not make sense.  For one thing, this would be annoyingly slow.  For
@c another, this would fail to take advantage of Emacs's ability to visit
@c more than one file in a single editing session.  And it would lose the
@c other accumulated context, such as registers, undo history, and the mark
@c ring.
しかし、別のファイルを編集するたびに新たにEmacsを起動するのはナンセンスです。
1つには、起動はじれったいほど遅いでしょう。
また、このようにすると、1つの編集セッションで複数のファイルを
扱えるEmacsの利点を活かせません。
さらに、レジスタやアンドゥ履歴、マークリングといった、
それまでに蓄積した内容も失ってしまいます。

@c   The recommended way to use GNU Emacs is to start it only once, just
@c after you log in, and do all your editing in the same Emacs session.
@c Each time you want to edit a different file, you visit it with the
@c existing Emacs, which eventually comes to have many files in it ready
@c for editing.  Usually you do not kill the Emacs until you are about to
@c log out.  @xref{Files}, for more information on visiting more than one
@c file.
GNU Emacsの推奨される使い方は、ログイン後に1度だけEmacsを起動して、
すべての編集を同じEmacsセッションで行うことです。
別のファイルを編集するには、既存のEmacsでそのファイルを訪問します。
そうすると、ついには、多くのファイルをすぐに編集できる状態で
保持することになります。
通常、ログアウトするまで、Emacsを終了する必要はありません。
複数のファイルを訪問することに関して詳しくは、@xref{Files}。

@node Exiting, Basic, Entering Emacs, Top
@c @section Exiting Emacs
@section Emacsの終了
@c @cindex exiting
@c @cindex killing Emacs
@c @cindex suspending
@c @cindex leaving Emacs
@c @cindex quitting Emacs
@cindex 終了
@cindex Emacsの終了
@cindex 休止
@cindex Emacsの休止

@c   There are two commands for exiting Emacs because there are two kinds
@c of exiting: @dfn{suspending} Emacs and @dfn{killing} Emacs.
Emacsの抜け方には、@dfn{休止}(suspending)する、
@dfn{終了}(killing)するの2種類があるので、
Emacsを抜けるコマンドも2つあります。

@c   @dfn{Suspending} means stopping Emacs temporarily and returning
@c control to its parent process (usually a shell), allowing you to resume
@c editing later in the same Emacs job, with the same buffers, same kill
@c ring, same undo history, and so on.  This is the usual way to exit.
@dfn{休止}(suspending)は、一時的にEmacsを止めて、
親プロセス(通常はシェル)に制御を戻します。
こうすると、同じバッファ、同じキルリング、同じアンドゥ履歴を保持したままの
同じEmacsジョブをあとで再開できます。
これが通常の抜け方
@footnote{【訳注】これは、画面端末を使っている場合の話。}です。

@c   @dfn{Killing} Emacs means destroying the Emacs job.  You can run Emacs
@c again later, but you will get a fresh Emacs; there is no way to resume
@c the same editing session after it has been killed.
@dfn{終了}(killing)は、Emacsジョブの破壊を意味します。
あとでまたEmacsを起動できますが、新たなEmacs環境です。
終了したあとでは、同じ編集セッションを再開する方法はありません。

@table @kbd
@item C-z
@c Suspend Emacs (@code{suspend-emacs}) or iconify a frame
@c (@code{iconify-or-deiconify-frame}).
Emacsを休止する、あるいは、フレームをアイコン化する
(@code{iconify-or-deiconify-frame})。
@item C-x C-c
@c Kill Emacs (@code{save-buffers-kill-emacs}).
Emacsを終了する(@code{save-buffers-kill-emacs})。
@end table

@kindex C-z
@findex suspend-emacs
@c   To suspend Emacs, type @kbd{C-z} (@code{suspend-emacs}).  This takes
@c you back to the shell from which you invoked Emacs.  You can resume
@c Emacs with the shell command @samp{%emacs} in most common shells.
Emacsを休止するには、@kbd{C-z}(@code{suspend-emacs})と打ちます。
すると、Emacsを起動したシェルに戻ります。
ほとんどの一般的なシェルでは、
シェルコマンド@samp{%emacs}でEmacsを再開できます。

@c   On systems that do not support suspending programs, @kbd{C-z} starts
@c an inferior shell that communicates directly with the terminal.
@c Emacs waits until you exit the subshell.  (The way to do that is
@c probably with @kbd{C-d} or @samp{exit}, but it depends on which shell
@c you use.)  The only way on these systems to get back to the shell from
@c which Emacs was run (to log out, for example) is to kill Emacs.
プログラムを休止できないシステムでは、
@kbd{C-z}は、端末と直接やりとりする下位シェルを起動します。
Emacsは、ユーザーがこのサブシェルから抜け出るまで待ちます。
(普通、@kbd{C-d}や@samp{exit}でサブシェルを終了するはずだが、
使っているシェルに依存する。)
このようなシステムでは、
Emacsを起動したシェルに(たとえばログアウトのために)戻るには、
Emacsを終了する以外に方法はありません。

@c   Suspending also fails if you run Emacs under a shell that doesn't
@c support suspending programs, even if the system itself does support it.
@c In such a case, you can set the variable @code{cannot-suspend} to a
@c non-@code{nil} value to force @kbd{C-z} to start an inferior shell.
@c (One might also describe Emacs's parent shell as ``inferior'' for
@c failing to support job control properly, but that is a matter of taste.)
プログラムを休止できるシステムであっても、
プログラムを休止できないシェル上で実行しているEmacsは休止できません。
このような場合、変数@code{cannot-suspend}に@code{nil}以外の値を設定して、
@kbd{C-z}に下位シェルの実行を強制できます。
(適切なジョブ制御をできないEmacsの親シェルを
『下位』と呼ぶこともできるが、これは好みの問題。)

@c   When Emacs communicates directly with an X server and creates its own
@c dedicated X windows, @kbd{C-z} has a different meaning.  Suspending an
@c applications that uses its own X windows is not meaningful or useful.
@c Instead, @kbd{C-z} runs the command @code{iconify-or-deiconify-frame},
@c which temporarily closes up the selected Emacs frame (@pxref{Frames}).
@c The way to get back to a shell window is with the window manager.
EmacsがXサーバーと直接通信して専用のXのウィンドウを作っている場合には、
@kbd{C-z}は別の意味になります。
専用のXのウィンドウを持つアプリケーションを休止しても、
あまり意味がありませんし、便利なわけでもありません。
そのかわり、@kbd{C-z}は、選択されているEmacsフレーム(@pxref{Frames})を
一時的に閉じるコマンド@code{iconify-or-deiconify-frame}を実行します。
シェルウィンドウに戻るには、ウィンドウマネージャの機能を使います。

@kindex C-x C-c
@findex save-buffers-kill-emacs
@c   To kill Emacs, type @kbd{C-x C-c} (@code{save-buffers-kill-emacs}).  A
@c two-character key is used for this to make it harder to type.  This
@c command first offers to save any modified file-visiting buffers.  If you
@c do not save them all, it asks for reconfirmation with @kbd{yes} before
@c killing Emacs, since any changes not saved will be lost forever.  Also,
@c if any subprocesses are still running, @kbd{C-x C-c} asks for
@c confirmation about them, since killing Emacs will kill the subprocesses
@c immediately.
Emacsを終了するには、@kbd{C-x C-c}
(@code{save-buffers-kill-emacs})と打ちます。
これを2文字のキーにしてあるのは、少々打ちづらく@footnote{【訳注】
簡単に終了してしまっては、困るので。}するためです。
このコマンドは、まず、変更したバッファを保存するかどうか聞いてきます。
未保存のものがあるとそれらを永久に失うことになるので、
Emacsを終了するまえに@kbd{yes}での再確認を求めてきます。
Emacsを終了するとサブプロセスもただちに終了されられてしまうため、
サブプロセスが走っている場合にも、それらに関して確認を求めてきます。

@c   There is no way to restart an Emacs session once you have killed it.
@c You can, however, arrange for Emacs to record certain session
@c information, such as which files are visited, when you kill it, so that
@c the next time you restart Emacs it will try to visit the same files and
@c so on.  @xref{Saving Emacs Sessions}.
一度Emacsを終了してしまうと、Emacsセッションを再開する方法はありません。
しかしながら、終了時に訪問していたファイルなどの
特定のセッション情報を記録するようにEmacsに指示しておけば、
つぎにEmacsを起動し直したときに、
同じファイルを訪問するなどを試みるようになります。
@xref{Saving Emacs Sessions}。

@c   The operating system usually listens for certain special characters
@c whose meaning is to kill or suspend the program you are running.
@c @b{This operating system feature is turned off while you are in Emacs.}
@c The meanings of @kbd{C-z} and @kbd{C-x C-c} as keys in Emacs were
@c inspired by the use of @kbd{C-z} and @kbd{C-c} on several operating
@c systems as the characters for stopping or killing a program, but that is
@c their only relationship with the operating system.  You can customize
@c these keys to run any commands of your choice (@pxref{Keymaps}).
オペレーティングシステムは、通常、実行中のプログラムを終了させたり
休止させたりする特定の特殊文字を監視しています。
@b{Emacsを使っているときには、
オペレーティングシステムのこの機能はオフになっています
@footnote{【訳注】Emacsが専用のXのウィンドウを使っている場合は関係ない。}
。}
Emacsのキーとしての@kbd{C-z}や@kbd{C-x C-c}の意味は、
いくつかのオペレーティングシステムでプログラムを
休止させたり終了させたりするために用いる文字、
@kbd{C-z}と@kbd{C-c}にヒントを得たものですが、
オペレーティングシステムとの関係はそれだけです。
これらのキーで好きなコマンドを実行するようにカスタマイズできます
(@pxref{Keymaps})。

FreeBSD-CVSweb <freebsd-cvsweb@FreeBSD.org>