Previous: , Up: I-search関連   [Contents][Index]


5.16.2 間に空白等を含む文字列の検索

検索’ という文字列をインクリメンタル・サーチにより検索する場合に、 バッファが以下のような状態になっていることがあります。

-------- Buffer: foo --------
この行末から始まる文字列を検
索して下さい。
-------- Buffer: foo --------

このような場合のために、Emacs は正規表現によるインクリメンタル・サーチを 提供しています。DDSKK はこの正規表現によるインクリメンタル・サーチにも対 応しているため、空白や改行を含んだ検索も可能です。

M-x isearch-forward-regexp

前方への正規表現によるインクリメンタル・サーチ。 C-u C-s または M-C-s で起動します。

M-x isearch-backward-regexp

後方への正規表現によるインクリメンタル・サーチ。 C-u C-r または M-C-r で起動します。

ユーザ変数: skk-isearch-whitespace-regexp

この変数の値は正規表現です。この正規表現にマッチする要素は「正規表現によ るインクリメンタル・サーチにおいては、単語を区切る要素ではない」と判断さ れます。この変数のデフォルトは以下のようになっています。

"\\(\\s \\|[ \t\n\r\f]\\)*"

この変数の値を変更することで、正規表現 によるインクリメンタル・サーチを拡張することができます。例えば、電子メー ルの引用部分を検索する場合を考えます。

> 引用部分も検
> 索できる。

上記のうち、「検索」という語は 2 行に渡っている上、引用マークが挿入さ れています。ここで

(setq skk-isearch-whitespace-regexp "\\(\\s \\|[ \t\n\r\f<>|]\\)*")

と設定することにより、「検索」を検索できるようになります。