[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

6. ローマ字入力以外の入力方式

DDSKK は、SKK 旧来のローマ字式かな入力 (訓令式、ヘボン式) 方式のほか、各 種キー配列と入力方式に対応しています。
6.1 AZIK  
6.2 ACT  
6.3 TUT-code  
6.4 かな入力と親指シフト  

[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

6.1 AZIK

AZIK (エイズィック) は QWERTY 配列をベースとした拡張ローマ字入力です。 一般のローマ字入力がそのまま使える上での拡張であることが特徴です。 拡張ローマ字入力『AZIK』・『ACT』で快適な日本語入力を! azik と skk で仕様が重なる部分があるため、`skk-azik.el' では以下のと おり対応しています。
q
AZIK では撥音「ん」を入力するには q を使うこととされていますが、skk で は既に qskk-toggle-kana を割り当てています。 そのため `skk-azik.el' では skk-toggle-kana の実行を それぞれ使用します。
@
上記のとおり、skk-toggle-kana の実行に は @ (日本語キーボード) や [ (英語キーボード) を使用しますが、 skk では既に @ には「今日の日付の入力」(プログラム実行変換)を割 り当てています。 そのため、skk 本来の動作には x を付けて、それぞれ x@ と、 x[ で代用できるようにしてあります。
l
xx
AZIK では単独の拗音「ゃゅょぁぃぅぇぉゎ」を入力するには l を前置す ることとされていますが、skk では既に l に「アスキーモードへの切り 替え」を割り当てています。 そのため `skk-azik.el' では、拗音のうち「ぁぃぅぇぉ」の入力について は xx を前置することとしています。 なお、拗音のうち「ゃゅょゎ」の単独入力は、AZIK 拡張 `skk-azik.el' で はなく、標準 `skk-vars.el' です。
X
誤った登録の削除
skk では、▼モードでの X は 関数 skk-purge-from-jisyo を実行 しますが、AZIK では X は「シャ行」の入力に使われます。 そのため、`skk-azik.el' での「誤った登録の削除」は、 ▼モードで M-x skk-purge-from-jisyo を実行してください。 関連項目: 5.10.9 誤った登録の削除
ユーザ変数: skk-use-azik
この値が non-nil であれば AZIK 拡張が有効となります。 `~/.skk' に
 
(setq skk-use-azik t)
と書きます。
ユーザ変数: skk-azik-keyboard-type
AZIK で使うときのキーボードのタイプを、シンボルで指定する。

[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

6.2 ACT

ACT は AZIK の考え方を Dvorak 配列に適用し、Dvorak 配列でかなを快適にタ イプできるように考案された方式です。 ACT (AZIK on Dvorak)
ユーザ変数: skk-use-act
この値が non-nil であれば ACT 拡張が有効となります。`~/.skk' に
 
(setq skk-use-act t)
と書きます。

[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

6.3 TUT-code

TUT-code は 2 ストローク系の日本語直接入力方式の一つです。 http://plone.crew.sfc.keio.ac.jp/groups/tut-code 使用するには、SKK のインストール時にいくつかのファイルをインストールする 必要があります。SKK ソースの `tut-code' ディレクトリにある `skk-tutcdef.el' と `skk-tutcode.el' を、SKK ソースのトップディレクトリにコピーして、SKK のインストールを再度行います。 2.2 DDSKK のインストール. その後、`~/.skk' に
 
(require 'skk-tutcdef)
と書きます。
[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

6.4 かな入力と親指シフト

DDSKK はローマ字式ではない、いわゆるかな入力方式をサポートします。具体的 には に対応しています。これを使うにはまず、nicola-ddskk 拡張パッケージをイン ストールする必要があります。SKK ソースディレクトリの `nicola' ディ レクトリに移動し、ドキュメントに従ってインストールしてください。 https://github.com/skk-dev/ddskk/nicola/README.ja 続いて設定をします。
ユーザ変数: skk-use-kana-keyboard
この変数を non-nil に設定すると、かな入力サポートが SKK 起動時に有効に なります。
 
(setq skk-use-kana-keyboard t)
ユーザ変数: skk-kanagaki-keyboard-type
この変数で、かな入力サポートの種類を切換えます。適切なシンボルを設定してください。
`106-jis'
日本語 106 キーボード (旧 JIS 配列) でのかな入力に対応します。
 
(setq skk-kanagaki-keyboard-type '106-jis)
`nicola-jis'
日本語 106 キーボード (旧 JIS 配列) での親指シフトエミュレーションに対応 します。
 
(setq skk-kanagaki-keyboard-type 'nicola-jis)
`nicola-us'
`nicola-dvorak'
`nicola-colemak'
`omelet-jis'
nicola-jis と同様ですが、より入力しやすい配列が考慮されています。
 
(setq skk-kanagaki-keyboard-type 'omelet-jis)
`omelet-us'
`omelet-dvorak'
`omelet-colemak'
`oasys'
かな入力方式使用時の■モードでは以下のコマンドなどが役に立ちます。
F1 1
かな入力方式での特殊キー定義の一覧を表示します。
F1 2
かな入力方式でのかなキー配列を表示します。
F12
M-x skk-kanagaki-toggle-rom-kana
かな入力方式とローマ字入力方式とを切り換えます。
なお、親指シフト方式については NICOLA 日本語入力コンソーシアム が参考になります。
[ << ] [ >> ]           [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

This document was generated by Tetsuo TSUKAMOTO on June, 24 2017 using texi2html