[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

2. インストール

2.1 APEL のインストール  
2.2 DDSKK のインストール  
2.3 辞書について  
2.4 辞書の入手  
2.5 辞書を DDSKK と同時にインストールする  
2.6 辞書サーバの入手  

[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

2.1 APEL のインストール

DDSKK 14.2 からは、GNU Emacs 22 以上を利用する場合 においては APEL を別途インストールする必要がなくなりました。APEL に依存し ている他の elisp プログラムを使用していなければ、インストール済の APEL は 削除することが可能です。 XEmacs をお使いの場合は、 DDSKK をインストールする前に APEL (APEL 10.8 以上を推奨) をインストールして下さい。 APEL は次のサイトから入手できます。 APEL
[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

2.2 DDSKK のインストール

ここでは、UNIX 上で make コマンドが利用できる環境を想定します (5)。 まず、DDSKK のアーカイブ `ddskk-VERSION.tar.gz' を tar コ マンドと gzip コマンドを使用して展開します。
 
% gzip -cd ddskk-16.1
.tar.gz | tar xvf -
次に、DDSKK のトップディレクトリ(6)をカレントディレクトリにします。
 
% cd ddskk-16.1

2.2.1 GNU Emacs へのインストール  
2.2.2 XEmacs へのインストール  
2.2.3 対話的なインストール  
2.2.4 MELPA によるインストール  

[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

2.2.1 GNU Emacs へのインストール

まずは、DDSKK がどのディレクトリにインストールされるのか確認するため に `what-where' を引数に make コマンドを実行しましょう。
 
% make what-where
-|emacs -batch -q -no-site-file -l SKK-MK -f SKK-MK-what-where
-|Loading /home/USER/temp/ddskk-16.1
/SKK-CFG...

-|Running in:
-|  GNU Emacs 25.0.50.10 (x86_64-unknown-linux-gnu, GTK+ Version 3.10.9) ...

-|SKK modules:
-|  skk-cursor, skk-viper, ...
-|  -> /path/to/emacs/site-lisp/skk

-|SKK infos:
-|  skk.info
-|  -> /path/to/share/info

-|SKK tutorials:
-|  SKK.tut, SKK.tut.E, NICOLA-SKK.tut, skk.xpm
-|  -> /path/to/share/skk
emacs の実体ファイルを特定することもできます。
 
$ make what-where EMACS=/Applications/Emacs.app/Contents/MacOS/Emacs
また、DDSKK のインストール先ディレクトリを変更したい場合 は `SKK-CFG' ファイルを編集してください。編集後は必ず make what-where を 実行して表示内容を確認してください。 つぎにスーパーユーザになって、
 
$ su
% make install
と実行すると、実際に DDSKK がインストールされます。 あるいは、一般ユーザが自分の home directory を root directory として DDSKK を インストールするには、
 
% make install PREFIX=~/
と、PREFIX を指定して make を実行します。 特定の Emacs を指定する場合は、
 
% make install EMACS=mule
と指定します。
[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

2.2.2 XEmacs へのインストール

XEmacs でパッケージとしてインストールする場合は、 まず、`what-where-package' を引数に make コマンドを実行 してパッケージのインストール先を確認しましょう。
 
% make what-where-package XEMACS=/usr/bin/xemacs
-|xemacs -batch -q -no-site-file -l SKK-MK -f SKK-MK-what-where-package

-|  Loading /home/user/temp/ddskk-16.1
/SKK-CFG...

-|Running in:
-|  XEmacs 21.5  (beta29) garbanzo [Lucid] (i386-redhat-linux, Mule) of ...

-|SKK modules:
-|  skk-cursor, skk-viper, ...
-|  -> /usr/share/xemacs/site-packages/lisp/skk

-|SKK infos:
-|  skk.info
-|  -> /usr/share/xemacs/site-packages/info

-|SKK tutorials:
-|  SKK.tut, SKK.tut.E, NICOLA-SKK.tut, skk.xpm
-|  -> /usr/share/xemacs/site-packages/etc/skk
つぎに、スーパーユーザになって `install-package' を引数 に make を実行すると、実際にインストールされます。
 
% make install-package XEMACS=/usr/bin/xemacs
-|xemacs -batch -q -no-site-file -l SKK-MK -f SKK-MK-install-package
-|  Loading /home/user/temp/ddskk-16.1
/SKK-CFG...
...

[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

2.2.3 対話的なインストール

DDSKK 14.3 では「対話的インストーラ」が追加されました。 まず、M-x dired とタイプして dired を起動してください。このとき、デ ィレクトリを問われますので、先に述べた「DDSKK のアーカイブを展開したディ レクトリ」を指定してください。
 
------ Minibuffer -------
Dired (directory): ~/temp/ddskk-16.1
 RET
------ Minibuffer -------
次に、表示されたディレクトリ一覧の `SKK-MK' にカーソルをあわせ て LSHIFT を押しながらアルファベットのエル)をタイプしてく ださい。
 
------ Dired -------
-rw-r--r-- 1 user user  99999 2011-00-00 00:00 SKK-CFG
-rw-r--r-- 1 user user  99999 2011-00-00 00:00-!-SKK-MK    L
drwxr-xr-x 1 user user  99999 2011-00-00 00:00 bayesian
------ Dired -------
プロンプト `Load SKK-MK?' には y をタイプしてください。 以降、インストーラが表示する質問に答えながら DDSKK のインストールを進めて ください。なお、パーミッションは一切考慮していませんので、インストール先 は書き込み権限を有するディレクトリを指定してください。
[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

2.2.4 MELPA によるインストール

2014年12月、MELPA(7) に DDSKK が登録されたことにより GNU Emacs でも `package.el' (8) によるインストールが可能となりました。 詳細については、次のドキュメントを参照してください。 https://github.com/skk-dev/ddskk/blob/master/READMEs/INSTALL.MELPA.md
[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

2.3 辞書について

DDSKK を使用するには、いわゆる辞書 (主にかなと漢字の対応を記述したデータ) が必要です。 DDSKK 14.2 からは、 GNU Emacs 同梱の辞書データ `ja-dic' を利用した かな漢字変換に対応しましたので、SKK 辞書ファイルを別途インストールしなく ても最低限の使用ができます(XEmacs では `ja-dic' は利用できませんの で、後述する SKK 辞書をインストールする必要があります)。 しかし、`ja-dic' は、 Emacs の入力メソッド LEIM のために `SKK-JISYO.L' か ら変換して生成されたものであり、英数変換や数値変換などのエントリ、および 「大丈夫」など複合語とみなし得る語が大幅に削除されています。 そのため、`SKK-JISYO.L' を利用したかな漢字変換と同等の結果は得られま せん。 有志の知恵を結集して作られている各種 SKK 辞書は便利ですから、是非入手し てインストールしましょう。
[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

2.4 辞書の入手

SKK 各辞書の解説とダウンロード
http://openlab.jp/skk/wiki/wiki.cgi?page=SKK%BC%AD%BD%F1 このサイトには様々な辞書が用意されています。以下は一例です。
SKK-JISYO.S
S 辞書(主に単漢字が登録。最小限必要な語を収録)
SKK-JISYO.M
M 辞書(普通に使う分には足りる程度)
SKK-JISYO.ML
M 辞書と L 辞書の中間のサイズの辞書。L 辞書収録語の内、EPWING 辞書やオン ライン辞書で正しいと判別された語をベースにして加除。
SKK-JISYO.L
L 辞書(あらゆる単語を収録)
zipcode
郵便番号辞書
SKK-JISYO.JIS2
JIS X 0208 で定められている第2水準の文字を、部首の読みを見出し語として 単漢字を収録した辞書
SKK-JISYO.JIS3_4
JIS 第3水準、第4水準の文字に代表される、JIS X 0208 には含まれない が JIS X 0213 には含まれる文字及びそれらを含む語録を収録した辞書
SKK-JISYO.public+
public+ 辞書
SKK-JISYO.edict
edict 辞書(英和辞書)
SKK-JISYO.lisp
候補に Emacs Lisp 関数を含むエントリーを集めた辞書。見出し語を変換する過 程で Emacs Lisp 関数を評価し、その値を候補として表示します。 5.5.7 プログラム実行変換.
SKK-JISYO.wrong
間違い辞書(S, M, L 辞書に既に登録されていたが、間違いであったので削除さ れた単語を収録)
一部の辞書は、著作権が GNU GPL v2 ではありませんのでご注意下さい。 詳細は、次の資料を参照して下さい。 http://openlab.jp/skk/skk/dic/READMEs/committers.txt
[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

2.5 辞書を DDSKK と同時にインストールする

DDSKK のソースを展開すると、中に `dic' というディレクトリが存在しま す。`SKK-JISYO.L' などをこのディレクトリにコピーしてから make install を 実行すると、辞書ファイルがチュートリアル (`SKK.tut') と同じディ レクトリ (`/usr/share/skk' や `c:/emacs-24.2/etc/skk' など) に インストールされます。
[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

2.6 辞書サーバの入手

辞書サーバはオプションです。 辞書サーバが無くても DDSKK は動作しますが、特に辞書のサイズが大きい場合は 辞書サーバを利用することで省メモリ効果を得られます。また、辞書サーバによ っては複数辞書の検索、EPWING 辞書の検索ができたりするものもあります。 DDSKK は特定の辞書サーバの実装に依存していませんので、下記の辞書サーバの いずれでも動作可能です。ソースやバイナリの入手、インストールについてはそ れぞれのウェブサイトをご参照下さい。
辞書サーバの説明とリンク
http://openlab.jp/skk/skkserv-ja.html

[ << ] [ >> ]           [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

This document was generated by Tetsuo TSUKAMOTO on December, 9 2017 using texi2html